ヤミ金相談は専門家に任せましょう

ヤミ金がヤミ金相談の専門家を恐れる理由。

ヤミ金がヤミ金相談の専門家を恐れる理由。

 

闇金融の業者は確かにジャパンネット法務事務所やデュエル法律事務所を恐れています。
警察と協力して、最悪は恐喝罪で逮捕・・という方法があるからです。
それに、ヤミ金業者と言っても何と貸金業協会に登録されていることがあるんです。
勿論、ヤミ金だと判ると取り消されてしまうのですが、比較的簡単に取れてしまうのです。
ですから、弁護士+警察+自治体+協会でネットワークを組むので
とてもやりにくくなってしまうのです。

 

個人(ヤミ金の被害者)が、警察に被害届を出して援助を求めようとしても
「民事不介入」「個人の金銭の貸し借りには介入できない」
などの名目で、殆ど役に立ちません。
こういう事は警察でも生活安全課が担当なんですが、下手に個人の警官がヤミ金業者に
注意しようものなら、火に油を注ぐ結果になり兼ねません。

 

でも、弁護士や司法書士が介入したとなると話は違います。
その悪質ぶりが証明されれば、それこそ恐喝罪などで逮捕、実刑なんてことになり兼ねません。
しかし、ここまで出来るのは長年のヤミ金相談を受けて警察などにも顔が効く法律事務所や法務事務所
だけなんです。
だから、ジャパンネット法務事務所やデュエル法律事務所がお奨めなんです。

 

 

でも、実際に法務事務所を恐れる理由の半分ですね。

 

残りの理由は、弁護士や司法書士を恐れている訳でもないのです。
結局は面倒なだけ。
闇金融の業者にとって、カモ(被害者)を見つけるのは容易なんです。
官報には債務整理(任意整理など)をした人の名前が載っています。
他にも、ヤミ金業者同士って横のつながりがあるんです。
そこから、個人情報を見る事が出来るんです。
そして、一度食いついたら骨の髄までしゃぶりつくす。
トイチ、トサン、トゴ何てあたり前。つまり、利益率の物凄く良い商売?なんです。

 

だから、今取り立てているカモ(被害者)に強力な援軍(ヤミ金専門弁護士など)が
ついた場合は、さっさと他のカモを物色すれば良いのです。
特に、ジャパンネット法務事務所やデュエル法律事務所に委託された事が解ると。

 

「しょうがない。変に戦って面倒なことになるより他を見つけよう」
になってしまうのです。
勿論、こんな弁護士や司法書士を知らない、駆け出しのヤミ金業者もいます。
弁護士が受任を電話で告げても、即日に督促が止まらない理由なんです。
めったにありませんけど、心配する事はありません。
解決後のアフターケアを行っている弁護士・司法書士もいるので安心です。

 

Duel(デュエル)法律事務所の公式ホームページはコチラ